母乳育児を支援する、愛知県のボランティアグループ「愛知母乳の会」。母乳育児支援、愛知県

BFHとは?

赤ちゃんにやさしい病院とは?

1991年7月4日、ユニセフとWHOは、1989年3月に発表された「母乳育児を成功させるための10カ条」が、全ての産科でお母さんに母乳育児を奨励する事によって、赤ちゃんが人生を可能な限り最善の形でスタートできるようにしようとするもの・・・を採用し、実践する病院など産科施設を「赤ちゃんにやさしい病院」として認定する事を決定しました。

母乳育児を成功させるための10カ条

(ユニセフ・WHOによる共同声明)

【重要な管理方法】

1a. 母乳代替品のマーケティングに関する国際規約及び関連する世界保健総会の決議を確実に遵 守する。

1b. 定期的にスタッフや両親に伝達するため、乳児の授乳に関する方針を文書にする。

1c. 継続的なモニタリングとデータマネジメントのためのシステムを構築する。

2. スタッフが母乳育児を支援するための十分な知識、能力と技術を持っていることを担保する。

【臨床における主要な実践】

3. 妊婦やその家族と母乳育児の重要性や実践方法について話し合う。

4. 出産後できるだけすぐに、直接かつ妨げられない肌と肌の触れ合いができるようにし、母乳育児を始められるよう母親を支援する。

5. 母乳育児の開始と継続、そしてよくある困難に対処できるように母親を支援する。

6. 新生児に対して、医療目的の場合を除いて、母乳以外には食べ物や液体を与えてはいけない。

7. 母親と乳児が一緒にいられ、24 時間同室で過ごすことができるようにする。

8. 母親が乳児の授乳に関する合図を認識し、応答出来るよう母親を支援する。

9. 母親に哺乳瓶やその乳首、おしゃぶりの利用やリスクについて助言すること。

10. 両親と乳児が、継続的な支援やケアをタイムリーに受けることができるよう、退院時に調整す ること。

-「赤ちゃんに優しい病院運動」を実施しようとする産科施設等のための実践ガイダンスより-